ヒゲ脱毛で後悔しない為に知っておきたいこと

HOME>トピックス>【サロン選びが重要】ヒゲ脱毛で起こる可能性があるトラブルとは

目次

ヒゲ脱毛の肌が荒れることについて

成人男性

ヒゲ脱毛で肌が荒れる可能性があります。どんな肌トラブルが起きる可能性があるか紹介していきます。1つ目のトラブルは炎症性浮腫です。炎症性浮腫は、レーザー脱毛をしたところが炎症してしまうことです。しばらくすれば治ることがほとんどですが、肌の弱い人は数日ひりひりすることがあります。

毛嚢炎と泥棒ヒゲ

医者と看護師

ヒゲ脱毛時のトラブルとして、毛嚢炎があります。毛嚢炎は白いできものが顔にできます。ニキビと勘違いする人も多い症状です。毛穴が傷ついたことで、炎症を起こす症状のことです。他にも照射した跡に、泥棒ヒゲというヒゲが濃くなる症状があります。しばらくすると自然に抜け落ちてしまいます。泥棒ヒゲはコシがないので、剃りにくいのが重要です。

うち漏れ

髭

他にもヒゲ脱毛の照射ミスでうち漏れが起こってしまうことがあります。すぐに抜けないのはよく起こることですが、他の照射部分が抜けてしばらくしても一部分だけきれいに抜けないような時にはうち漏れの可能性があります。

硬毛化

カミソリ

脱毛で照射を受けた部位が濃くなったり、太くなったりすることを硬毛化と言います。元々太くない毛が太くなってしまう現象です。ヒゲは元々濃い毛が生えているので、可能性が低いですが、稀に起きることがあるので、注意しましょう。このようにヒゲ脱毛でトラブルが起こることもあります。しかし、どのトラブルも脱毛サロンをしっかり選べば起こったとしても対応してもらえます。ヒゲ脱毛を安心して受ける為にも、サロンをしっかり見極めましょう。